1 月 19 2009

Profilbild von iwasu-toru
iwasu-toru

ご来場、有難うございました。

Abgelegt 1:20 AM unter 俳優

昨日、「プランクスティー、~まごころを君に~」 無事、公演終了しました。

天候が悪かったのですが、たくさんのお客様にお越しいただきました。

ご来場いただきました皆様、誠に有難うございました。 m(_ _)m

また、後日写真をUPしたいと思います。

いわすとおる

4 Kommentare

4 Kommentare to “ご来場、有難うございました。”

  1. am 19. 1 月 2009 um 6:46 AM 1

    ご苦労様でした。

    沢山の方が来場されて、良かったですね♪

    写真、楽しみで~す。

  2. チェリーam 19. 1 月 2009 um 11:51 AM 2

    昨日は人との出会いの大切さを教えてくれた演劇を
    見せて頂き有難うございました。
    舞台上の いわすさんの司会役 とてもかっこ良かったですよ。
    盲導犬の頭も撫でさせて頂きました。
    我が家のチェリーを思い出し、少しウルウルです。

  3. のんのんam 21. 1 月 2009 um 11:04 PM 3

    やっぱり、生の舞台はいいですね(*^。^*)

    主役の風花ちゃん、先輩方の付っきりの御指導があったそうですが(笑)中2とは思えない迫力で、見入ってしまいました。
    大矢さん知代ちゃんご夫妻(役)は、とっても温かい雰囲気が伝わってきました。
    床尾さん、江原さんコンビは回想のワンシーンでしたが熱演で!
    鎌森さんは、本当にあっという間の出番で、もっと石川さんとの掛け合いを見たかったです。
    石川さんは、何をやらはっても、ぐ~(^^)bですが(笑)イメージぴったりの役で、凄く素敵でした。
    いわすさんは、久々のスーツ姿、カッコ良かったですね~。Wだったけど(笑)
    満席のお客様、会場の雰囲気もすごく良くて・・・楽しい1時間半でした。

    帰りに、舞台に出ていた2頭のワンちゃん(盲導犬の訓練中)と、訓練士の方とお会いして、少しお話させて頂きました。
    『盲導犬は信号が認識できないのに、どうやって横断歩道を渡るのですか?』のチビの疑問、『それは、人間の判断なんです。周りの音などから、青だなと予測して渡ります。』とのこと。
    『ではもし、間違って赤信号の時に渡ったら?』 『犬は気付かずに渡ってしまいますね。車や障害物がある時は止まりますが。・・・だから、周りの方からの「何かお手伝いすることはありませんか?」の声掛けは凄く大切な事なんです。』

    でも、よくよく考えたら、盲導犬と一緒でない視覚障害の方は、いつもそれを、ご自分の判断だけでされているんですよね。

    京都市内で、大体10頭位が活躍しているそうですが・・・今まで街中で、仕事中の盲導犬を見た事はありません。
    もし遭遇したら、仕事中、むやみに触ったりしてはいけないというのは分るのですが(お手伝い・・・の声を掛けた方がいいのか、かえって邪魔をするのではないか、ちょっと考えるところでしたが、)是非、声を掛けてみたいと思います。こういう事を考える機会を貰ってよかったです(^_^)

    隣や近くの席に、視覚障害を持つお客様がいらっしゃいましたが、とても楽しそうにお芝居とコンサートを楽しんでおられました。
    耳だけで、お芝居を聞いたらどんな風か・・・私も少し目を閉じていました。
    音の出る位置まで、細かい気配りがされている演出でしたね。
    本当に皆様、御疲れ御疲れ様でした~!

  4. iwasu-toruam 22. 1 月 2009 um 12:29 AM 4

    >母さん、今回はご覧いただけなかったのが残念ですが、また次回機会が
           ありましたら、宜しくお願いいたします。

    >チェリーさん、先日はお寒い中、ご来場いただきまして、誠に有難う
              ございました。
              ほんの一部の登場でした。また、何か機会がありましたら、
              お知らせしたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

    >のんのんさん、先日はお寒い中、ご来場いただきまして、誠に有難う
               ございました。いい評価をいただき、有難うございます。
               Wのスーツ・・・いまどきはあまり着ないそうですね・・・
               知らなかったです・・・(汗)
               ファッション雑誌見て、勉強します。(笑)

Trackback URI | Kommentare als RSS

コメントを投稿する